宝塚 歯科-アゼリア歯科クリニック
お悩み相談別メニュー
一般歯科
予防歯科
歯周病治療
小児歯科
審美歯科
歯の検診
プチ矯正
小児の矯正(プレオルソ)
医院のご案内
院内のご案内
アクセス
院長紹介
スタッフブログ
歯科衛生士募集
ホワイトエッセンスキャンペーン

ホーム > 予防歯科
予防歯科
予防歯科
定期検診の患者さんにお渡しする粗品です。
歯磨きを毎日していても、その方法が正しくなければ、虫歯や歯肉炎、歯周病になってしまいます。
予防歯科とは、言葉の通り、そうしたお口のトラブルが発生する前に、原因を作らないように予防することです。
スウェーデンは、世界で一番予防が進んでいて、大人が歯科の定期検診を受ける率は約80%に及びます。一方、日本の場合、わずか5%程度と言われています。
当院では、単に虫歯治療をするばかりでなく、トータル的な健康は「お口の中にあり」の考えのもと、患者様1人1人に対して「お口のトータルケア」を目指しています。

当院の取り組み
歯科衛生士等による「正しいブラッシング指導を」はじめ、患者様の「お口の健康」を回復、保持するために、かずかずの方法をご提供しております。

また、虫歯があったり、タバコを吸う人の歯周病菌は消えにくい傾向にあります。
そのため、歯周病治療には当然、「歯の治療」「歯ブラシでよく磨く」ことも必要となってきます。

歯周病菌が成人病患者に関与することも近年わかってきました。
これは、ガンや肺炎、心臓病、糖尿病、さらには低体重児出産などがあげまれます。
つまり、お口の中を清潔に保つことが歯周病だけでなく、いろいろな病気から身を守ることになるのです。

虫歯予防の方法は?
虫歯は歯科の2大疾患の1つです.(もう1つは歯槽膿漏です)この病気は心がけ1つでかなり防ぐことができます.「病気になったら治療する」より「病気になるのを防ぐ」方が重要な事と思います.ここでは代表的な予防法について考えてみましょう.
  1. 食事を規則正しく摂る。
    間食をなくすことによって虫歯の発生頻度が減る事が知られており,次の砂糖の摂取に関連しています。

  2. 砂糖を減らす。
    虫歯菌の最大のエサである砂糖を減らすことで、虫歯が減少することはよくお耳になさると思います。ここで重要なのは,減らさなければならないのは「量より回数」だと言うことです.例えば1日10g砂糖を取る人と20g取る人では単純に後者の方が虫歯になりやすい,と思いがちですが,10gしか取らなくても1gを10回取るほうが20gを1回取るのに比べ虫歯になる確率が高いのです.これが上記の間食を減らす事につながります。

  3. よく歯を磨く。
    虫歯の三要素は砂糖,歯の質とバイ菌で,虫歯の三要素の1つのバイ菌を減らします。
    ただし、口の中には歯と歯の間のように、きわめて小さな隙間がたくさんあり、なかなかブラシのとどきにくいところがいっぱいあるので困ってしまいます。そこで正しい歯みがき法を身につけて(教えてもらって)歯間ブラシやデンタルフロスを使用して、悪性の菌(プラーク)を徹底的に除去するのです。

  4. 正しい歯みがき法。
    ・就寝前、起床後に磨くのが最善!
    ・食後磨くなら、30分以上経ってから!!
    ・歯ブラシは、毛先が柔らかめから普通の物を。かためは厳禁。
    ・歯間ブラシは無理に突っ込まない。歯茎を傷つけて、歯茎の退縮につながる。
     など。

  5. 歯の質を強くする。
    上記の三要素の一つで,質が強いと虫歯になりにくいです.歯の質が強いかどうかは遺伝的要素と後天的要素があります。 遺伝的要素はやむをえないとして、後天的要素の代表が赤ちゃんの時の大病です。
    顎の骨の中で歯が作られている時期(胎児〜幼児)の間に大病をしたり、大量の薬を飲むと、歯の表面がうまく作られなくなる(エナメル形成不全)ことがわかっています。この時期に大病や薬の大量投与を避けることが必要!という理論です。

    もう一つの後天的要素対策
    後天的要素の対策としてもう一つ、以前から言われながら何かと問題になっている方法があります。それはフッ素です。フッ素を歯の表面に塗ったり、飲んだりするとエナメル質が強くなるという理論です。小中学校の中には、学校でフッ素洗口を実施しているところもありますし、水道水中にフッ素を入れようという運動もあり,海外では実施しているところもあります。
    歯という局所だけを考えると有効とされる方法ですが、全身に対する影響については、今後まだ検討が必要でしょう。

    代替甘味料について
    上記の「砂糖を減らす」対策として近年キシリトールなどの代替甘味料が注目されています.ダイエットや糖尿病に使われるアスパルテームやサッカリンなどはカロリーが低い,といったメリットのほかに虫歯になりにくいという性質をもち,現在ではいろいろな食品に用いられるようになりました.なかでもキシリトールは「虫歯にならない」だけでなく虫歯に対して積極的に「抵抗作用あり」とされており,歯科の世界では注目株の甘味料です.しかもキシリトールは天然甘味料であり人工的に合成されたものではありませんので,安心してお召し上がりいただけます.ただし市販されているガムなどではキシリトールの含有率の低いものもあり,効果を期待するなら100%使用のものを,少なくとも50%以上ものを選ぶのがポイントです.

電動(音波)歯ブラシについて
いままで述べたことも既にあらかた知っているがなかなか実行できない,という方も多いのではないのでしょうか?
とどのつまり虫歯も一種の「生活習慣病」であってお酒やたばこと同様にただ「健康に良くないからやめましょう!」と言うのは簡単ですが,実行出来なければ意味がありません.そこで現実的な方法として電動歯ブラシが挙げられると思います.
電動歯ブラシの是非に関しては歯科の世界にも議論は多々ありますが,簡単に例えると「ほうきと掃除機」の違いです.同じ所を掃除するのに掃除機を使った方が早くて簡単ですよね.ただし掃除機を使ってもきちんと吸い口をあてないとあたっていない所はキレイになりません.それと同じことが言えるとおもいます.
最近は安くて質の良い物も増えてきましたし,超音波歯ブラシも登場しました.「わかっちゃいるけどなかなか実行はむつかしい!」という方には朗報かもしれません.

無料メール相談受付
歯科に関してお悩みの方に、無料でメール相談を受付けております。
1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、もやもやとしていた悩みが解消されますよ。

アゼリア歯科クリニック 兵庫県宝塚市小林4丁目6-25 TEL:0797-77-8888
Copyright (C) Azalea Dental Clinic. All rights reserved.
HOME | お悩み別診療メニュー | 一般歯科 | 予防歯科 | 歯周病治療 | 小児歯科 | ホワイトニング | PMTC | お口のエステ | 審美歯科 | 歯の検診 | 院内のご案内 | アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 無料メール相談受付
無料メール相談受付 当院の考え方 医院案内 サイトマップ